tavii/sqs-job-queue-bundle

0.2.6 2017-10-16 13:37 UTC

This package is auto-updated.

Last update: 2020-10-17 19:52:48 UTC


README

Build Status Coverage Status Scrutinizer Code Quality Latest Stable Version Total Downloads Latest Unstable Version License

SQSJobQueueをSymfony2で扱う為のバンドル。
作った背景としては、Amaazon SQSをBCCResqueBundleと同じような感じで、Jobを利用した処理ができるということを目的につくりました。

Requirements

  • PHP5.6+
  • Symfony2.7+

Installation

1: composer installをする

$ composer require tavii/sqs-job-queue-bundle:0.0.3

2: AppKernelにSQSJobQueueBundleを登録する

<?php
// app/AppKernel.php

// ...
class AppKernel extends Kernel
{
    public function registerBundles()
    {
        $bundles = array(
            // ...

            new Tavii\SQSJobQueueBunblde\SQSJobQueueBundle()
        );

        // ...
    }

    // ...
}

3: config.ymlに設定を追加する

tavii_sqs_job_queue:
    aws:
        key: %aws_api_key%
        secret: %aws_api_secret%
        region: %aws_api_region%

Usage

1: setup databsae table

ワーカーの情報をDBに記録するために、テーブルを生成します。
現状は、sqs_workersというテーブルが作成されるようになっています。

$ app/console sqs_job_queue:storage-init

2: Amazon SQSにキューを登録する

amazon sqs側にqueueを登録します。
AWSの管理画面から作成する事も出来ますが、コマンドも用意しました。 今回はtestというキューを登録します。

$ app/console sqs_job_queue:queue-create test

3: Jobクラスを作成する

処理を担当する�Jobクラスを作成します。
今回はメールを送るJobクラスを作成します。

Tavii\SQSJobQueue\Jobクラス、または、Tavii\SQSJobQueueBundle\ContainerAwareJobクラスを継承したクラスを作ります。
二つのクラスの違いはDIコンテナが使えるか使えないかの違いです。
Tavii\SQSJobQueueBundle\ContainerAwareJobを利用すればDIコンテナを使うことが出来ます。

また、必ず処理が成功した場合trueを返すようにしてください。

<?php
// src/AppBundle/Job/SendMailJob.php

namespace AppBundle\Job;


use Tavii\SQSJobQueueBundle\ContainerAwareJob;

class SendMailJob extends ContainerAwareJob
{

    public function getName()
    {
        return 'test'; // ここをキュー名と一致させること
    }

    public function run()
    {
        $message = \Swift_Message::newInstance()
            ->setFrom('hoge@fuga.com')
            ->setTo('fuga@hoge.com')
            ->setSubject('job test')
            ->setBody('job mail test');

        $mailer = $this->getContainer()->get('mailer');
        $ret = $mailer->send($message);
        return true;
    }
}

4: Jobをキューに登録する

Jobのインスタンスから、キューに登録します。

<?php
...

$job = new TestJob();
$this->getContainer()->get('sqs_job_queue.queue')->push($job);

5: ワーカーを実行する

ワーカーを実行する場合はsqs_job_queue:worker-runを実行します。

$ app/console sqs_job_queue:worker-run test

6: ワーカーを常駐させる場合

ワーカーを常駐する場合はsqs_job_queue:worker-startを実行します。

$ app/console sqs_job_queue:worker-start test

7: ワーカーを終了させる場合

常駐しているワーカーを停止する場合はsqs_job_queue:worker-stopを実行します。

$ app/console sqs_job_queue:worker-start test

EventDispatcher

いくつかEventを発生させるようにしました。

SQSJobQueueEvents::QUEUE_RECEIVED

SQSからキューを受け取った際にイベントが発生します。

SQSJobQueueEvents::QUEUE_SENT

SQSがキューを受け付けた場合にイベントが発生します。

SQSJobQueueEvents::QUEUE_DELETED

SQSのキューが削除された際にイベントが発生します。

SQSJobQueueEvents::JOB_EXECUTE

Jobが実行された際にイベントが発生します。

SQSJobQueueEvents::JOB_RAN

Jobの実行が完了した際にイベントが発生します。

TODO

  • ストレージがDoctrineしか使えない問題の解消
  • 管理画面の提供