eyewill/tucle-core

There is no license information available for the latest version (0.5.20) of this package.

Tucle Core

Installs: 3 254

Dependents: 0

Suggesters: 0

Security: 0

Stars: 0

Watchers: 2

Forks: 0

Open Issues: 12

Language:JavaScript

0.5.20 2021-06-03 05:10 UTC

README

This package for laravel 5.3, for 5.2 is here.

インストール

for Vagrant

プロジェクト用に空のフォルダを作成し、Vagurantfileの共有フォルダに追加
config.vm.synced_folder "host/path/to/example-project", "guest/path/to/example-project"
vagrantを再起動し、共有フォルダに移動
> vagrant reload
> vagrant ssh
$ cd guest/path/to/example-project
ウェブサーバーとデータベースを作成

recommend

Composer高速化プラグインをインストール
$ composer global require hirak/prestissimo

共通

laravelプロジェクト作成
$ composer create-project "laravel/laravel=~5.3.0" .
TucleCoreをインストール
$ composer require eyewill/tucle-core:dev-master

# 開発時はcomposer.jsonのautoload-devに以下を追加
$ vi composer.json
"autoload-dev": {
    "files": [
        "../packages/TucleBuilder/vendor/autoload.php",
        "../packages/TucleCore/vendor/autoload.php",
        "../packages/TucleCore/src/helpers.php"
    ]
}
$ composer dumpautoload
TucleCoreサービスプロバイダを登録
$ vi config/app.php
'providers' => [
  ...
  Eyewill\TucleCore\TucleCoreServiceProvider::class,
  ...
],

使い方

初期化

$ php artisan tucle:init

インストール後一度だけ実行してください。

実行するとルートフォルダに.tucleというファイルが作成されます。

.tucleが作成されていて生成対象のファイルが存在する場合、そのタスクはスキップします。

# .envを更新
vi .env
APP_URL=
DB_DATABASE=
DB_USERNAME=
DB_PASSWORD=
MAIL_PORT=1025
FRONT_URL=
# マイグレーション
$ php artisan migrate

ユーザー管理モジュールを作成

$ php artisan tucle:makeuser --force

ユーザー管理画面を作成します

データベースのマイグレーションが終わってから実行してください

--forceをつけない場合、User.phpは更新されません

デフォルトの管理ユーザーを作成

$ php artisan db:seed

再生成

$ php artisan tucle:init --force --only=assets,packages

強制的に上書き実行させる場合は--forceをつけてください。

--only=で任意のタスクを実行できます。

--listで実行できるタスクの一覧を表示します。

リソースを更新 (Resources)

> yarn
> yarn global add bower
> bower install
> yarn run prod
# TucleCoreをpackagesフォルダから読み込む場合は
> yarn run prod-dev

必ず最初に一回実行する必要があります

migrate buildのconfigを出力

> php artisan vendor:publish --provider="Primalbase\Migrate\MigrateServiceProvider"
> vi config/migrate-build.php
> php artisan migrate:build table_name

Presenter

入力フォームの定義

  public $forms = [
    ...
    // セレクトボックス
    [
      'type' => 'select',
      'name' => 'category_id',
      // 未選択時のラベルを定義(未選択状態が不要な場合はfalseをセット)
      'empty_label' => '選択してください',
    ],
    ...
  ],
  ...
  // フィールド名のキャメルケース+Valuesでセレクトボックスの値取得用コールバックになる
  public function categoryIdValues()
  {
    return ['1' => 'fuga', 2 => 'fuga'];
  }