laravel-ja/comja5

Translate comments in laravel/laravel 5.* project to Japanese

Maintainers

Details

github.com/laravel-ja/comja5

Source

Installs: 58 910

Dependents: 0

Suggesters: 0

Security: 0

Stars: 35

Watchers: 6

Forks: 2

1.0.18 2017-02-06 06:39 UTC

README

Laravel5.5LTSがリリースされました。このパッケージはフレームワーク初心者の理解を手助けするため、リソースの翻訳を提供してきました。しかし、Laravelは高機能化が進み、既に初心者に勧められるほどシンプルではなくなりました。そこで、翻訳機能の更新は停止することにしました。

日本語(ja)の翻訳(言語)ファイル中、バリデーションエラーメッセージに関わる、validation.phpのみ当面保守していきます。

A translation command for comments in files of laravel/laravel repository to Japanese. In addition

Laravel5のlaravel/laravelリポジトリーに含まれているファイルのコメントを日本語に翻訳します。

そのほか、おまけ機能として、タブの4空白変換とja言語ファイル生成ができます。

注意:コマンドはインストール直後のプロジェクトで実行してください。翻訳機能は英語の文字列を日本語へ変換しています。既にコーディングしたプロジェクトでは、意図しない箇所が変換される可能性があります。

インストール

プロジェクトのみにインストールする

プロジェクトのルートディレクトリ(composer.jsonファイルがある場所)で実行してください。

composer require laravel-ja/comja5

修正後、composer updateを実行してください。

グローバルにインストールする

composer global require laravel-ja/comja5

ホームディレクトリーの.composer/vendor/binに実行パスが通っていることを確認してください。

注意:"dev-master"は開発/デバッグ中のリポジトリのため、動作しないことがあります。

実行

コマンドの実行は、Laravelをインストールしたディレクトリーのトップで行います。

プロジェクトにインストールした場合

vendor/binの中にcomja5コマンドが作成されています。プロジェクトのルートディレクトリーで以下のように実行してください。オプションの説明が表示されます。

vendor/bin/comja5

グローバルにインストールした場合

comja5

Windowsの場合、コマンドがプロンプトやパワーシェルに出力するコードはSJISです。

翻訳したファイルの日本語はUTF8、改行コードは*nix形式です。

実行時オプション

-c もしくは --comment

laravel/laravelリポジトリーに含まれている、コメントを翻訳します。

-t[=空白数] もしくは --tab[=空白数]

タブを指定した数の空白に変換します。デフォルトは4文字です。

-f もしくは --file

日本語の言語ファイルをresouces/lang/jaディレクトリー下に生成します。

-r もしくは --remove

コメント行、空行を削除します。

-a もしくは --all

コメント翻訳、タブ変換、言語ファイル生成を実行します。

-A

コメント削除、タブ変換、言語ファイル生成を実行します。

アンインストール

翻訳すれば、後は用済みです。インストール時にrequireセクションに付け加えたパッケージ指定を削除し、再度composer.jsonを実行します。

不具合の報告

GitHubでも良いですが、Twitterの@HiroKwsでも、Laravelに関するチャットを行っているlarachat-jp.slack.com(招待制:招待状はlarachat.jp@gmail.comまで)でも結構です。

Licence/Rights

Copyright by Hirohisa Kawase

Licensed by MIT License